給食おばちゃんがいろいろ作って飲んでます♪

元給食のおばちゃん歴15年の酒好きが、給食メニューをはじめ、いろんな料理を作ります♪他にもいろいろ言っちゃいます。

MENU

別カテゴリー。最初のダンナの話し。

こんばんは(^ ^)
お立ち寄りいただきありがとうございます!



バツ1回目の話しです。



彼とは色んな偶然が重なって、付き合うようになったのですが、数ヶ月後くらいには別れたいと思っていました。


理由はいくつかありましたが、一番は彼のSNS中毒です。



まだLINEなどない時代で、ガラケーの頃です。



いつも片耳にイヤホンを付けて、ラジオを聞きながら、片手に携帯を持って、数十秒おきに複数の女性と連絡を取っていました。


それは、わたしと会っている時もでした。


イヤホン取って。と言うと、話は聞こえてるから大丈夫だよ。と、言われました。



横に居るわたしと言葉を交わすよりも、ずっと多いSNSのやり取り。


イヤホンで聞いてるラジオが面白いのか、いきなり笑い出し、ひとしきり笑ってから、思い出したかのように ゴメンゴメン!と言ってきたり、気持ち悪かった。



わたしはそうゆうのが嫌だったから、別れようと思いました。



真剣に話しても、彼は話しを聞きなが
ら居眠りをする人でした。


ムカつくけど、病気だと思っていました。


話しがいつも進まず、話しをしている最中も常にSNS。

それを止めてと言えば、寝ちゃうし。



もうシカトするしかない!と思って無視したら、アパートまで来て、玄関の前で

´Д`ハァハァ、 ハナミズズルズル 、ネェ、ピヨジマー、ハァハァ。 ナンデダヨ!

と、泣き声で居座り、地団駄を踏むので、近所迷惑。
仕方なく部屋に入れ、また話しをすると、例の通りに寝ちゃったり、聞いてくれない。



無視すれば、来て居座る。
話しは聞こうともしない。



そんなやり取りがずっと続いて、わたしは彼に対して、もう無気力になってしまいました。


今思えば、いろんな事を、
[そうやって生きてきた人]
だったんだと思います。


わたしも、人に対して妥協ばかりして、流されて生きていました。





そのうち、わたしは妊娠しました。



1人で産んで育てると決めるか、先に彼に話すか、何度も考えが行ったり来たり、1週間くらい悩みました。

そして、
子供が出来るって事は、すごいことだから、これを機に彼も少しは変わるだろう!わたしもがんばろう!

と思い、彼に話しました。



彼は即、結婚しよう。と言いました。


わたしは、今の調子でSNSをやり続けるなら、子育てどころか、いっしょに居ても意味がない。と話しました。


彼はもうSNSをやめる。と、言いました。




次に続きます。


ここまでお読みいただき、お付き合いいただき、ありがとうございました!