給食おばちゃんがいろいろ作って飲んでます♪

元給食のおばちゃん歴15年の酒好きが、給食メニューをはじめ、いろんな料理を作ります♪他にもいろいろ言っちゃいます。

MENU

別カテゴリー。卒業。

こんばんは(^ ^)
お立ち寄りいただきありがとうございます!



前回の続きです。




高校受験は全て失敗に終わりました。


進路が決まらないまま、卒業式を迎えました。


親は卒業式には来ませんでした。


全員の進路が決まったら髪を切る。と言っていた先生が、長い髪のまま、壇上からわたしを睨んでいました。




副担任の先生が、進路の相談にのると言ってくれて、卒業式の翌日、am11:00に電話をする約束をしました。


当日、何度かけても先生は電話に出ませんでした。
次の日も次の日も、かけても繋がらず、二度と先生と話すことはありませんでした。


わたしは見捨てられました。





途方に暮れている時、たまたま家に居た母親が横へ来て、
「どうするのよ!!」
「まったく!!」
と、イライラと激しく罵りはじめました。


「こんな事になるなら専門学校へやればよかった!」
とも言われました。


その専門学校とは、仲の良い友達に誘われて、行ってみたい!と母親に相談した事があった所です。

相談した結果、

「あんたに出来るの?」
「金だってかかるでしょ!」

と、一蹴された話しです。

ちなみに美容師の専門学校です。
友達はそこへ進学して、立派な美容師になりました(^ ^)



副担任と連絡も取れず、どうしたらいいのか分からず、わたしはただ、呆然としていました。


その横で、母親はわたしを睨みながら罵り続けます。

「こんなことになるなんて!」

「あんた!これからどうするのよ!」

「アー!塾にでもやればよかった!」

…塾だって、行きたい!って言っても、行かせてくれなかったじゃないか!



「うるさいな!!」



もう耐えきれず、生まれて初めて親に口答えをして、わたしは外へ出ました。



天気の良い春の日でした。
涙があふれて、どうにも困りました。



今でもわたしは、春の日が苦手です。





ここまでお読みいただき、お付き合いいただき、ありがとうございました(^ ^)