給食おばちゃんのお酒と日常。

元給食のおばちゃん歴15年の酒好きが、給食メニューを作ったり、お酒を飲んだりします。

七月七日☆☆☆七夕給食メニュー☆☆☆

こんにちは(^ ^)
酒好きな給食おばちゃんです。



今日は七夕なので、給食の七夕そうめんを作ります(^ ^)
野菜を星型に抜いたりして、天の川を演出します☆☆☆



七夕そうめん 4人分 材料

f:id:better-nagi:20190707072839j:plain:w250
f:id:better-nagi:20190707063108j:plain:w150

だし昆布 20g
かつおぶし 30g
水 1Lプラス2分の1カップ

オクラ 5〜6本
にんじん 3分の1本
キレイなお麩 あれば適宜
そうめん 3束
鶏もも肉 100g

料理酒 大2
みりん 大1
塩 小1
しょうゆ 大1



鍋に1Lの水を入れて、だし昆布を30分位漬けておきます。

漬けている間に野菜などの準備をします。


f:id:better-nagi:20190707062642j:plain:w200

にんじんを輪切りにして、星型に抜きます。

f:id:better-nagi:20190707062730j:plain:w200

オクラといっしょに茹でます。
にんじんの方が火の通りが遅いので、先に入れて時間差でオクラも入れます。

f:id:better-nagi:20190707062855j:plain:w200

ザルにあけておき、粗熱がとれたらオクラを輪切りにしておきます。

f:id:better-nagi:20190707063219j:plain:w200

キレイなお麩を水に浸しておきます。

f:id:better-nagi:20190707063345j:plain:w170

鶏もも肉を細切れにしておきます。

f:id:better-nagi:20190707063427j:plain:w170

そうめんを茹でておきます。



30分位漬けた昆布を火にかけ、沸騰する前に取り出し
沸騰したらかつおぶしを入れて1〜2分煮だします。

f:id:better-nagi:20190707063659j:plain:w200

キッチンペーパーで濾します。ザルでもOKです。

f:id:better-nagi:20190707063813j:plain:w200


出汁を鍋に戻して、鶏もも肉と料理酒を加えて、弱火にかけます。強火でグツグツ煮ちゃうと、汁が濁ります。


鶏肉に火が通ったら、塩 みりん しょうゆを加えて、ひと煮立ちさせてから味をみます。


はじめより水の量が減っているので、濃くなっていたら
残りの水2分の1カップを加えます。


最後に水をしぼったお麩とにんじんを加えて、ひと煮立ちさせて出来上がりです。
オクラは盛り付けの時に加えた方が色鮮やかに仕上がります。

汁の写真を撮り忘れました💦申し訳ありません💦






f:id:better-nagi:20190707064539j:plain

七夕そうめんは、器の中が天の川です☆☆☆
大人でもワクワク(^ ^)

給食では星型ハンバーグですが、難しいので断念して、星型にんじんの外側をくっ付けて焼きました(^ ^)


f:id:better-nagi:20190707065252j:plain:w250

七夕そうめん☆出汁の旨味がすごいです!鶏肉からも出汁が出るので豊かな味。普段は顆粒だしを使っているので 出汁をとるのは少し面倒に感じるけど、こんなに美味しいならぜんぜん苦じゃないです。ちょっぴり柔らかめに茹でたオクラのツルツルも美味しいし、星型にんじんとキレイなお麩も嬉しいです。


f:id:better-nagi:20190707070054j:plain:w250

星付きハンバーグと焼き野菜です。
ズッキーニが甘く瑞々しくて美味しいです(^ ^)
パプリカは千葉県産のもので、シャキシャキの歯応えと香りが 新鮮で美味しい♪普段、国産のはあまり見かけないので買えてラッキーでした(^ ^)

星付きハンバーグは、星型には出来なかったけど…

f:id:better-nagi:20190707070922j:plain:w200

チーズインです! ハンバーグは間違いなし!美味しいです♪
欲を言えば、ガストさんみたいにドバーッと出て来て欲しい(^q^)





七夕の今日、わたしの住む地域では あいにくの雨です。
皆さまのところはいかがでしょうか(^ ^)
たくさんの人たちの願い事が叶いますように!!




ここまでお読みいただきありがとうございます!

今日も美味しかったです。
ごちそうさまでした。


虫歯予防デーも行事給食でした。
よかったらお読みください(^ ^)
www.piyojima.life